ビタミンCの働き、欠乏症、過剰症

ビタミンCの働き、欠乏症、過剰症


 
ビタミンCの働き
 ・コラーゲンの合成に必要です。
 ・鉄の吸収を高めます。
 ・抗ストレス作用を持つ副腎皮質ホルモンの合成を促進します。
 ・抗酸化作用があります。
 ・しみのもとであるメラニン色素の合成を抑えます。
ビタミンCの欠乏症
 ・肌のはりが失われ、様々な病気に侵されやすくなります。
 ・悪化すると歯茎や皮下から出血する壊血病になります。
  (欧米に比べ、野菜を多く摂る日本では壊血病は少ない。)
 ・喫煙や寒冷ストレスにより、ビタミンCの消費量は高まります。
  喫煙者はビタミンCの補給が必要です。
ビタミンCの過剰症
 大量にとっても尿からでてしまうので、心配ないと言われてました。
 が、最近では、1日に2〜3gも摂る「ビタミンCの大量摂取」が問題になって
 います。(1g=1000mg)
 サプリメント等で1日に10g以上ものビタミンCを摂ると、下痢、頻尿、発疹
 を起こします。(一過性)
ビタミンCの推奨量
 成人男子:100mg
 成人女子:100mg
ビタミンCの多い食べ物
 果物、野菜に多く含まれます。
 ビタミンCは、保存時や調理によって損失しますので、生の果物から摂取
 するのが確実です。


 

栄養素の一覧へ戻る 

WEB上で、あなたの摂取した栄養とカロリーを計算します。
簡単!栄養andカロリー計算  Copyright(C) miwa-mi All Rights Reserved.