ビタミンAの働き、欠乏症、過剰症

レチノール当量(ビタミンA)の働き、欠乏症、過剰症


 
レチノール当量(ビタミンA)の働き
 皮膚や喉、鼻、消化器官などの粘膜を正常に保ちます。
 薄暗い場所に目が慣れるのに関与し、夜盲症を防ぎます。等々。
レチノール当量(ビタミンA)の欠乏症
 夜盲症、眼乾燥症
 空気に接触している部分の病原菌に対する抵抗性が弱くなります。
 ※レチノールもβカロテンも体内に蓄積できるので毎日摂る必要はない。
レチノール当量(ビタミンA)の過剰症
 レチノールは過剰症があります。
 摂りすぎると、頭痛、嘔吐、発疹、脂肪肝 などの過剰症が起きます。
 妊娠初期に過剰摂取すると、胎児の奇形の出現率が増えます。
 ※βカロテンは体内で必要な量だけビタミンAに変換されます。
  βカロテンは大量に摂っても肌が黄色っぽくなる程度です。
レチノール当量(ビタミンA)の推奨量
 成人男子:750μgRE
 成人女子:600μgRE
レチノール当量(ビタミンA)の多い食べ物
 レバー、緑黄野菜に多く含まれます。
レチノール当量(ビタミンA)の上手な摂り方
 緑黄色野菜に含まれるカロテンは、生だと吸収されにくく、油と組み合わ
 せて調理すると吸収率がアップする。炒めたり揚げたりが効果的。
 油分を含む胡麻やクルミで和えても同様の効果がある。


 

栄養素の一覧へ戻る 

WEB上で、あなたの摂取した栄養とカロリーを計算します。
簡単!栄養andカロリー計算  Copyright(C) miwa-mi All Rights Reserved.