リンの働き、欠乏症、過剰症

リンの働き、欠乏症、過剰症


 
リンの働き
 ・骨や歯を作ります。
   リンはカルシウムやマグネシウムと結合して、骨や歯を形成します。
 ・糖質の代謝を高めます。
   ビタミンB1、B2と結合して、糖質の代謝を高めます。
 ・ナイアシンの吸収を助けます。
リンの欠乏症
 リンは色々な食品に含まれ、普通の食事で不足することはありません。
 食品添加物として多用されていて、摂り過ぎの方が問題です。
 リンとカルシウムの摂取量の理想のバランスは約1対1。
リンの過剰症
 リンを摂り過ぎると、骨からカルシウムが放出され、骨のカルシム量が減少
 します。
 リンが過剰になる原因は、食品添加物や清涼飲料水などの酸味の元として
 利用されたりするためです。
 また、肉食に偏った食事をしている人は、カルシウムとのバランスが悪く、
 リンをとりすぎている可能性があります。
リンの目安量
 成人男子:1050mg
 成人女子: 900mg
リンの多い食べ物
 魚介、乳製品等に多く含まれます。


 

栄養素の一覧へ戻る 

WEB上で、あなたの摂取した栄養とカロリーを計算します。
簡単!栄養andカロリー計算  Copyright(C) miwa-mi All Rights Reserved.