銅の働き、欠乏症、過剰症

銅の働き、欠乏症、過剰症


 
銅の働き
 鉄に協力して、赤血球のヘモグロビンを作るために必要です。
 メラニン色素の生成に関わります。
 骨や血管壁を強化するコラーゲンの生成に関わります。
銅の欠乏症
 色々な食品に含まれ、不足の心配は余りありません。
 欠乏した場合、貧血、毛髪や皮膚の色が脱色します。
 (貧血の多くは、 鉄欠乏性貧血 ですが、鉄を充分に摂取しても銅がないと
  ヘモグロビンが合成できず、貧血になります。)
銅の過剰症
 通常の生活では心配ありません。
 注意したいのは銅の容器、銅鍋。銅の容器、銅鍋での酸性の食品の保存、
 調理により中毒を起こす事がある。
銅の推奨量
 成人男子:0.8mg
 成人女子:0.7mg
銅の多い食べ物
 レバー、いか、かに、えび、納豆等に多く含まれます。


 

栄養素の一覧へ戻る 

WEB上で、あなたの摂取した栄養とカロリーを計算します。
簡単!栄養andカロリー計算  Copyright(C) miwa-mi All Rights Reserved.